コンセプト

経営理念

最幸を生むサービスの提供

『人』として地域社会の中で、一人の人間として、その人らしい生活がいつまでも送ることができるサービスの提供をしていきます。

基本方針

  • すべての方に対して、礼儀正しく、笑顔で明るく接すること
  • スタッフ一人ひとりが、常に質の向上に努力を惜しまず、追求し続けていること
  • ご利用者、ご家族、その他、地域のすべての方々から必要とされる施設であること

行動指針

出来ないと言わない
出来るためにどうするのか、どうしていけばいいのかということを考える。出来ないと決めてしまえばそこに成長はない。
感謝の心を持つ
感謝の心を持つことで幸福感を高め、それらを実践していくことで幸福が生まれてくる。
愚痴、陰口を言わない
信用をなくし、そこに新しい解決・方法を生み出すことはできない。
常に向上心を持つ
向上心を持つことは、次の新しいチャンスを生み出す。
喜びや悲しみを共有できる感性を持つ
共有できる感性を持つことは、己の人間性を高め、高めることによって新しい知恵が生まれる。
願望を持つ
強い願望を持つことが確固たる行動に転化する。
物事を先延ばしにしない
行動と結果は必ず連動する。結果が出ないのは単に行動をしていないからである。
何ができるかを常に考えて行動する
すべての人に時間が平等に与えられている。5分の使い方が1年の差になる。
すべての人に思いやりのある行動をする
すべての人に対して配慮ができることは、サービスに対して思いやりのある行動ができることである。

介護・看護指針

  1. 約束はきちんと守ること
  2. お客様にはきちんとわかりやすく理解して頂けるように伝えること
  3. お客様の本当の想い【望み】を引き出すこと
  4. お客様、ご家族の声に、真摯に向き合うこと
  5. 必ずサービス開始前に、きちんと制度の説明をし、納得していただけるようにすること
  6. 報告、連絡、相談【ホウレンソウ】、情報共有をきちんと行うこと